楽曲部門コメントピックアップ
Sexy Zone楽曲大賞2016

「僕らがいる世界は ほらこんなにも美しい」と歌うSexy Zoneに、涙を流しながら首を縦に振ること以外無理。Sexy Zoneがいる世界は美しいんだ。
イントロがスタートの合図。彼らと私たちのモードが切り替わる。真剣な目を逸らさずに見たい。それであるのに指先足先、細部まで見逃したくない。彼らの執念を感じられる曲。変化していくSexy Zoneの変わらない部分が確認できる一曲。
ナンバーワントンチキハッピーソング!!!!大好き!!!!つぐない・愛人・時の流れに身をまかせがテレサ・テンの1980年代不倫三部作なら、スキすぎて・ぶつかっちゃうよ・Hey you!はセクシーゾーンの2010年代トンチキ三部作ですよ!!!サビの盛り上がり最高!!!
ときめく………初めて聴いたとき好きすぎて延々聴いてた。「(不器用な人)こんなにもすべて明るい季節なのに(流されないで)生真面目に今日もなんだか悩んでいる もどかしくて 分からなくてでも愛しい そうだよ(そんな君に惹かれた!)」が好きすぎてダメ。心と髪が乱れる。
去年のツアーがこの曲で終わって、メンバーが一番辛いんだな、でも敢えて険しい道を行くわけね、じゃあついていきましょう、となった曲。セクゾの強さと決意をかんじました。
お腹に子供がいるときにライブで聞いて涙が止まらなかった。いつもはふざけているように見えるけど私には恥ずかしくてできない親に感謝の気持ちを伝えられる彼が大好きだ。こうゆう息子が育つ家庭にしていきたい。
オシャレで柔らかなサウンド、デビュー当時よりも少し大人になりながらも聡マリにしか体現できない可愛らしさでいっぱいの曲。歌詞では聡マリがナンパをしていますが、それすらスマートなのがさすがオシャレシンメ聡マリ。聡マリの世界には愛しかない。
Sexy Zoneのテーマ曲だと思っている。華やかで軽やかで愉快で爽やかで明るくて楽しい。不安があっても未来は光に満ちていて「ここから Sexy Zone 飛び出そう Safety Zone」「なんだっていつだって キラキラ!」なのだと思うと口角がきゅっと上がる
去年・今年と風磨くんのソロコンで会場の皆で歌った思い出の曲。夏は苦手だったけどこの曲が聴けるなら夏も悪くないと思った。「アルバムに残らないから素敵なんだ」に詰まった想いや儚さに毎回涙が出る。
健人くんのピアノに勝利くんのギター、美しい歌声の風磨くん、天使のような聡マリが白い衣装着て歌う姿はまるで天界のような景色。美しい銀河の光景が目に浮かぶ名曲。
心へSexy Zoneという楔を打ち込まれた曲。キラキラ光るガラスのような声で歌われる 甘く切ない歌詞とメロディ。歌詞そのままにこちらが、『みつけたんだ光 未来へ この手をもう離したりしない 』と思わせられた。
意味がありそうでなさそうでありそうでなさそうな歌詞が最高に好き、サンキューベリーダンスはノーベル賞受賞されてもいいくらいのパワーワードだと思う。あと単純にメロディとかバックトラックとかの音もすごい好き。
仕事終わりに、車窓を眺めながら聴いてると、癒されるし、明日も頑張ろうって、励まされる。5人の声が、優しいんだ。
「大人の決めたやり方それが正解なの?」「Mildも地球の裏側じゃWildになるよ」パワーワードてんこ盛りで、確実に時代を創った最強のデビュー曲。薔薇を手に舞い踊る美青年たちが地球を回す様はまさにSexy Zoneという名の涅槃。
これしかない!!Sexy Zoneの5人として壮大な何かが始まったデビュー曲。「地球」「時代を創ろう」この言葉に込められた意味が、希望とも使命とも取れ、マイナー調の憂いを含んだメロディー。確実に何かを背負った彼らから放たれた光を見逃せないでいる。
まだ披露したことがないこの曲。2020年、新しくなった国立競技場で彼らが披露してくれることを願って選びました。
「君が今抱える 傷や痛みを 忘れるほどの旅にしよう」デビュー直後に初めて聴いた時に、この歌詞がSexy Zoneからこれから素敵な景色を見せてあげるよ!と言われてるように感じて応援することを決意しました。
いつまでもどんなときもアイドルにドキドキしたい!そんな気持ちにさせてくれる曲。少クラではバンド形式で披露されていて、好きだと気持ちが爆発するような感覚になったのを覚えています。
運命よりも近くて奇跡よりも確かなふまけん。事務所に入ってうれしいときも悲しいときもずっと隣にいた2人が合わせる歌声がとても美しい。「ふまけん」の需要を誰よりも理解している2人が時には喧嘩しながらも信頼し合って2人寄り添う姿を永遠と見ていたい。
アイドルSexy Zoneの中にある野心を感じる一曲。まだ見えない明日へ向かって、己を信じて進んでいく強さ、ひたむきさこそ美しい。「この夢デカすぎんだ 上手く描けないけど それでも掴みにいくよ」彼らの手で今は大きすぎるほどの夢を掴むその瞬間を楽しみにしています。
キラキラした高揚感がすごいこの曲は、間違いなく明るい未来が待っている前向きな感じがSexyZoneにとてもよく似合っていて大好きな曲。“思い描くような シナリオじゃなくても”どうかこの曲に溢れているような満天の星の中で、明るい道を進んで欲しい。
楽曲、歌詞、演奏、衣装、MV…全てにおいて完璧。この曲以上に優れたアイドルソングはもう二度と出てこないのではないかと思わせる一曲。アリーナコンのセンターステージでピンクのスパンコールが散りばめられたジャケットを羽織る5人。あの瞬間の彼らを永遠に閉じ込めておきたい
憂鬱な雨じゃなくて、こんなにも可愛くて楽しい気分になれる雨が存在するのかと…。愛されてる彼女気分を味わうもよし、ご機嫌ななめの彼女の気分を晴らす彼を見守るもよし……1曲で2度もおいしい!最高!!!
トキメキの音が散りばめられたキャッチーなメロディーラインに、おとぎ話のようなメルヘンでファンタジックな歌詞の世界。キラメキの疾走感溢れるポップチューンはまさにSexy Zoneの王道キラキラソング。
前世は天界の住人だった5人が、学園のスーパーアイドルに転生した曲。スクールカーストの最上位から、同じ世界で踊ることを許された多幸感。Sexy Zoneがこの曲で、随分身近に感じた気がしました。
私の中での大学受験応援ソング。寒空の下片耳イヤホンをマフラーで隠して自転車で学校塾家の往復していたのを思い出す。
イントロ数秒の時点で白旗を掲げたくなるかっこよさ。そのかっこよさが最初から最後まで続くのだから間違いない。この曲を聞くたびに「You are my only perfect girl」というフレーズを勝利くんに割り当てた人は何かしらの報酬を得て然るべきだと思う。
これはもうアイドル界の国宝的楽曲。歌詞も曲も衣装も振り付けもパーフェクト。しかも突然の俳句。トンキチさも兼ね備えている。この楽曲を歌うためだけにセクゾンが存在したのか?と言われても信じるレベルの素晴らしい楽曲。
Justいましかないは本当に毎日聴いています!!今しかないんだっていう時によく聴きたくなるし元気をもらえたりします!上向いて前に進もうよという歌詞がとても好きです!!
中島健人くんの徹底された自己プロデュースを毎回楽しみにしています。いつも新しいイメージのものを提示してくれるので飽きがこない。中でもこの曲は彼のイメージとして新鮮でかつよく健人くんに似合っていたと思うので。
「君が泣いている時間 笑わせるよ?」中島健人くんという世界一素敵な男の子からの世界一素敵なラブレター。彼のとびっきりのきらめきと優しさと愛を、甘いお砂糖でコーティングしたような、アイドル中島健人を完璧に表した世界観だと思います。LOVE KENTY!
オシャレ。ひたすらオシャレ。そして切ない。こんな歌詞書いたのだれよ!?って思ったら我らがFuma Kikuchiだったから後ろにひっくり返りました。
初演ジャニーズワールドで中島健人くんすげぇ…!!!と打ちのめされた曲。伴奏とメロディーが本当に綺麗。この曲のイントロを聞くと一瞬で魔法のようだったあの冬の帝国劇場に戻ります。この後Hey!Say!JUMPの高木くんが白い布から子どもたちを生み出す。
ウェルセクで初披露された時のラストの爆発音(特効)が忘れられない。スピード感があり畳みかけるような歌割もいい。ワルめでかっこいい曲。
とにかく勢いで突っ走る曲!ドントシンクフィール!ラブ&ラブ&ピース&ラブ!!右を見たらついでに僕も見て欲しいし、僕は君しか見えないぶつかっちゃうよ!!狂気じみたアイドルソングにひれ伏すのみです。最高。
『奇跡を超えて出逢ったなら きっと僕らの行く先は 永遠にずっと同じはずさ』をSZのメンバーに重ねてしまう。3人で歌っていたからこそ、言葉の重みをより感じや当時の闇からの脱却、明るい光のような言葉に思える。
この6人のかわいさ最強じゃないですか!?色々と言われることもあったと思います。それぞれが複雑な思いもあったと思います。それでも前を向いて自分たちを信じて笑顔でパフォーマンスする彼らは最強でした。この時の青春は一生忘れません。
若いジャニーズが舞台で歌うに相応しい希望溢れる壮大なテーマソング舞台の内容についていけなくても、これが流れると終わりだ〜〜ハッピーエンドだ〜〜ってなるからこの曲は偉大
もうなんていうか、佐藤勝利くんのダークファンタジー系主人公感。マーベラス。ドラキュラとかやって欲しいし、なんなら血を吸われて死にたい。Hey! Say! JUMPの山田くんと共にドラキュラ役やらせて戦わせたい。映画化したら興行成績100億はいくと思います。
天使マリたんの初のソロ曲。この歌はただただマリちゃんの為の曲。「今この場所で歌えるなんて」のところでマリちゃんが幸せいっぱいの顔で舞台上を優しく撫でる姿を見ると地上に舞い降りてくれてありがとうという感謝の思いが溢れる。
王道アイドル中島健人としての軸を固めた曲。この曲があったから、中島健人のカラーを出した曲が歌えるようになったんだと思う。遠く離れた君に今すぐ会いに行くよ。というまっすぐな曲。とにかく大好き。地方のヲタクが遠征で上京するときの心情にも似ている。
歌詞に胸が詰まります。「努力は裏切らない」「咲かせたいんだよ けっして枯れない Smile」この曲のリリース時期、歌詞がリンクし、等身大の彼ららしい歌詞がより思いが伝わってくる。私にとっても応援歌となっている大切な曲。
危うく儚げで繊細な17歳のときのソロ曲。彼もまたrougeの虜であることがひしひし伝わるのは、最初のソロ曲だからなのか。これから歳を重ねていっても表現し続けていってほしい楽曲。わたしはいつまでも菊池風磨のrougeの虜です。
受験期にずっと聞いていた思い出の曲。辛くなったときは「誰かのためじゃない自分自身のために」と奮い立たせ、成績が伸び悩んだときや試験前は「今の君だけを信じて 諦めないで」と勇気づけてもらいました。おかげで第一志望に合格できました!!!
最初はデジタルネイティブ世代のSexy Zoneがこの歌詞を歌うことに驚き、大人になりきれてない身体と達観したような内面のギャップにドキドキしながら聴いていました。勝利くんのマイナー気味の歌声が上手く作用した曲だとも思います。
明るいながらもどこか切なさを滲ませるメロディーに、絶対的0番である勝利くんにしか書けない歌詞が印象的な一曲。ソロ曲でありながら「右が左で 左が右になるね いつだって」という歌詞でメンバーの存在を思い浮かばせるところが、天性のセンターであると感じさせてくれる。
だって太陽は自担くん
永遠に一番好きな曲です。うれしい!!たのしい!!ラブケンティー!!普段は心の奥底に秘めている健人くんへの愛を文字通り思う存分叫べる、こんなに幸せな曲ありますか?いや、ない!!この曲を聞けば誰でもラブケンティー!!健人くん、好きだー!!
何度聴いても泣きそうになるから大切なときにしか聴かないようにしている。いつかもっと大きい会場でコンサートできるようになった時にまた歌って欲しい。強くて儚い健人くんをもっと好きになる一曲。
幼さもあるこの子達が歌ってこそ可愛らしさが引き立つような感じ。スイカに塩みたいな。青春っていいな〜〜と思いながら聞くとほんとこの子達が愛おしくなります。BBAにはたまらないかわいさ!この曲で私はセクゾにはまりました。
イントロから昂揚感を煽るメロディ、歌詞、振付、各メンバー台詞、どれもキャッチーでジャニーズを愛するヲタクであれば、誰もが反応せずにはいられない中毒性の高い楽曲だと思います。とにかくこの曲がスキすぎてスキでスキなだけ!!
風磨くんのソロ曲のなかで一番好きな曲。この曲を聴くと無条件にアガる!笑い声とかウィスパーボイスとかもちろんラップも芸が細かい。C&Rも楽しい!要するに最高っす。
聞くたびに心が安らかになる。全体的に白に包まれながらどこか切なげに歌うSexy Zoneはただただ美しい。健人がピアノ勝利がギターを弾いて歌い、Jr.の高橋海人が外国人ダンサーと踊ってるところはジャニワの好きな場面の1つ。
記念すべきSexy Zone復活の狼煙の曲。お揃いの色違いスーツで5人が並んだ時、インパクトというか、揺るぎない強さがあって震えた。曲調はSexy Zoneのキラキラ感を含みつつ、ちょっとレトロな感じで大人かわいい。
あくまで想像の域ではあるが、彼が何に苦しみ、誰に責められていたのか、慮ることが出来る曲だと思う。これからの彼が、大切にしてきた人たちと暖かな春を過ごせるよう願う。
恋って素敵なんだよ!と世に伝えたい中島健人くんの恋愛観が、まっすぐに伝わってくる曲。そしてちょっと文学的な雰囲気もある詞をゆったりとしたメロディーにのせてるから、まるで小説を読んでいるみたいな気分になる曲。作詞は国語教師の孫、中島健人くんです。
あの日あの時、5人で手のひらを重ねたあの瞬間、今でもしっかり覚えてます。5人が同じ思いを重ねれば負けやしない、そう思わせてくれた曲。5人が掴む未来を応援し続けます。
どんな気分でも必ず明るくしてくれる魔法の曲。「君はハンバーガーでボクはスウィーツ」という歌詞が絶妙にSexy Zoneらしくてだいすき。彼らじゃないと歌えない曲と言っても過言じゃない気すらしてくる、とにかくピッタリな曲。
紅白で『好きなんだよ!マジで!!』と言い放つ健人くんを見て、「アイドルすぎる!マジで!!」と衝撃的だった年末。“曲中の台詞でこんなにもアイドル感を出せるアイドルは、後にも先にも中島健人しかいない”という事をこの曲が言っている。
風磨くんの明るさ、リーダーシップ、自己プロデュース力、ソロコンで彼の成長を見せてくれた大好きな一曲。振り返る振りの風磨くんの笑顔がなんとも言えない…風磨担の国歌です。
大人っぽくまさにスパイシーな曲にも関わらず、陽の目を浴びないのが本当にもったいない曲。健人くんのソロコンだけじゃもったいないので5人で歌っていただきたい。SexyZone×堂島孝平氏の組み合わせ最高なのでこれからも期待したい。
物語の主人公のような、壮大なストーリーの主題歌のような、そんな夢を見させてくれる最高にかっこいい曲。あんなハート型の最強に可愛くて強そうな武器を持てるのはSexy Zoneしかいない!
ドバイに行きたくなったから(2月に行きます)
最初から最後までずーっと楽しくて可愛い名曲。ケンティの愛されたがりと健人担の愛したがりは時を経ても全く変わらない故にこの曲はいつでも新鮮に愛おしい。「LOVE KENTY!」はシンプルなようで、迷った時に光り輝く、健人くんの楽しい魔法です。
夏にサンタの恰好してメリークリスマス!?なにこの近年稀に見るスーパートンチキソング!!と初めは度肝を抜かれたけど、パフォーマンスを何度も見ているうちに、夏でも冬でもなんなら一年中愛してるよおおおおおと波を捕まえるどころか逆にセクゾンちゃん達に捕まってしまった一曲
最初はJMKで彼女のために作った小さな歌が、時を経て今大きなステージで披露してくれる「私たちの彼氏はなんて最高なんだろう!」と。ピアノを弾き始めればそこはもう健人ワールド。健人くんの初めてのソロ曲なので大切にしたい1曲です。
オルゴールの音色から始まるイントロと、優しくて強い、そんな歌詞がとても好きです。誰だってそうだよ。間違って、強くなっていく。明日も頑張れる気がする。前向きな歌詞ですが、何故か胸がキュッとなり切なくもなります。何度聴いても心に沁みます。
ステージに立つアイドルという天職に就いてくれた彼ら。”僕達のこれからを君に捧げよう、永久に”と歌うこの曲以上に最高な贈り物はありません。聞くたびに彼らと出会えてよかった、全力の愛を返そう、と思わせてくれる曲です。
「菊池風磨の初めてのソロ曲」として、これ以上のものはないでしょう。切ないメロディーと歌詞を支える圧倒的な歌唱力。そして当時17歳にも関わらず、声だけでここまで色気を出せる彼のポテンシャル。私がジャニーズJr.だったら練習しまくって絶対少クラで歌います。
こんな明るい胸キュンラブレイニーソングがかつてあっただろうか?いや、ない!!!!!(断言)Sexy Zoneのキラキラで雨空も曇り空も吹き飛んじゃうね!!!!好きすぎる!!!!
SMAPの「胸さわぎを頼むよ」を彷彿とさせる大人な曲。コンサートで椅子を使って踊りながら歌うSexy Zoneを見て、大人になったな~!と感慨深くなったものです。もっと大人になってから歌っても味が出る名曲だと思います。
寒い冬の夜にイルミネーションを見ながら聴きたい曲
あのくらいの年齢でかっこつけたりせずにまっすぐな歌詞を書けることは実はあまりないと思うので、素晴らしい曲。
デビューシングルで、『"Who's there?""We're Sexy Zone."』とアカペラで力強く歌う彼らに、何度聴いてもグッと心を掴まれる。いつかもう一度、大人になった彼らが"We're Sexy Zone."と歌ってくれる日を、ずっと待っている。
ぐっとおしゃれな曲調とダンスとは裏腹に、歌詞はチェリーパイ!アップルパイ!レモンパイ!!って全く大人になっていないところが最高で、沢山の夢を見せてくれる曲。それぞれの個性に合わせた衣装も素敵。白い帽子が四方にふわりと飛ぶ瞬間はときめきで胸が苦しい!
皆にとって優しい歌詞を勝利くんは書く。その中のうちの一つがこの曲である。その個性のままに生きて欲しい。僕が傍にいるよ。そう歌う勝利くんに寄り添えるようなファンでいたいなと思える一曲である。
スキすぎてスキでスキだから!大好きな子に大声で愛を叫んだら愛は美しいって再確認出来るみんなだいすきC&R曲。愛の力で花を咲かす魔法が使える彼らは愛の美しさなんて百をも承知。Love is so beautiful! yeah‼︎
曲調がすき。
伝説のグループ、チキンバスケッツの言わずと知れた名曲。女装した佐藤勝利くんの「ブスって言ったら殺すから」は説得力しかない。いつかチキンバスケッツオリメンであの衣装でちゃんと女装して披露してくれないとチキバ亡霊が成仏できないのでお願いします!
「ふまけん」と書いて「対極のOne-To-One プラマイ0なら白も黒も 未来も過去も消えるBorder Line 溶け合うYou&Me計り知れない Powerに変わる」と読む
世界中あふれる曲の中にはまぶしい言い回しがたくさん散りばめられているけどその中でもこの曲の「正しいだけじゃないそんな世界のどこかで君にめぐり会えたことだけが真実なら」はまっすぐ「君」を信じる強い想いが美しく書かれすぎていると思います
音源、パフォーマンス共に完成度が高く、中島健人の可能性をバチバチに感じた曲!常に表現の幅をアップデートしてくるのは流石である。
セクシーゾーンはカップリングやアルバムに名曲が埋もれ過ぎだと思うのですが、この曲はいい意味でシングルにふさわしい名曲!PVやメイキングの5人がとにかくとっても楽しそうなので、元気が出ないときに観ています(笑)
Sexy Zoneには珍しいハードな曲。リリース時より今の方が似合う。そして、当然ながら音源よりも5人で歌ったほうが、厳つさと爽やかさが混じってより良い。
とにかく初めて聴いた時から頭から離れないくらい中毒性のある曲。気がつけば「Oh 24-7…」って呟いてるから自分が怖い。ずっと・永久にという意味を24時間と7日間で24-7と表したのも意味深&お洒落で好きです。
間奏のピアノ旋律の美しさが、それまでのSexyZoneにはない新たな世界観を伝えてくれた楽曲。心が沁みる歌詞も魅力。
神様仏様堂島様、セクゾンを大人にしてくださって、心から感謝申しあげ奉ります。
単純に曲がほんとにしぬほど好き。誰にも一人天使がいる、僕の天使は君なんだ……
落ち着いた曲調でありながら、1stアルバムの中でも特別な存在感のあった曲。『同じ時代にこの同じ地球で終わりなき未来を目指す仲間さ』運命で繋がれた5人にぴったりの、大切な曲だと思います。
この曲を聴くまで、春に恋が似合うなんて知らなかったよ。爽やかさ溢れる衣装、ロマンに満ちた美術、全てを吹き飛ばすようなキラキラ笑顔、百点満点!SexyZoneが連れてくる新しい季節はいつまでも色褪せない!
「その唇を キラリとさせる 月にさえも 嫉妬しちゃう」というフレーズが天才。贅沢で柔らかい音に、心臓をぎゅっと掴まれるような幸福な切なさが存分に詰まった歌詞が乗っている。そんな曲をSexy Zoneが歌っているという素晴らしいの相乗効果。名曲でしかない。
野島伸司が作る曲はどうしてこんなにも重くて切ないのか。これこそ佐藤勝利のかぼそいウィスパーボイスがいきる曲。途中から入るふまけんの歌声もたまらない。
顔面国宝の佐藤勝利様がセンターに君臨する超絶ハイパーイケメン女装子集団が言い放つ「ブスって言ったら殺すから」パワーワードがとにかく好きすぎる
Love Ken TVで薔薇の花束を持ち風に煽られながらこの曲を歌い上げる中島健人を見た時に、彼があまりに儚くて消えてしまうのかと涙した。アイドル中島健人の等身大を目の当たりにしてこのまま召されても良いと本気で願った。
ダークファンタジー × Sexy Zone = 最強。Aメロのマリウス!勝利くんのウィスパーボイス!雄モードの聡ちゃん!密着度の高いCメロ!Sexy Zone全員が立て続けに色気を出してくるので聴き終わった時にはyou are my ghost.
ウタゲで歌って踊る健人くんを見て、中島健人くんに興味がわいた曲。特に間奏のマトリックスみたいな振り付けを見て「なんだあれは!」って驚いたのが最初。ウタゲでのギラギラ感が大好きだった。
あの時期の彼らだったこそ歌えた曲。15歳の勝利くんが紡いだ「繋いだ手を離さないで 勇気が消えちゃうから」という一節が眩しすぎる。
バレーボールタイアップの曲は先輩グループもキャッチーな曲を今までたくさん出して来たけれど、この曲は断トツで耳に残りました。振り付けも簡単で可愛かった!
はじめはただアッパーなダンスナンバーだとしか思っていなかったがドリボで聞いて風磨チャンプの刹那的な感じや悲哀に合っていてすごくいいと思った。ハスキーな声を多用してるも印象的。
中島健人の「本当にテレポーテーションして会いに来てくれそう」感。
zoppさんが「三人版の青春アミーゴ」とおっしゃったこの曲。修二と彰過激派にはたまらん…!!曲中の勝利くんの「やめろよ!!!」がペロくて好きです。
黒崎くんの言いなりになんてならないに沿った歌詞で、タオルを回せるアップテンポ。なぜA面じゃないのかわからない曲暫定一位です。歌詞の中で白と黒どっちを選ぶ?の流れで「黒を選ぶだろう」としてあげている理由が「それは大人の色さ」なのが非常に良いです。
聡ちゃんのハイトーンボイスと歌唱力が無ければこの曲は生まれなかったでしょう。何度聴き返したかわかりません。本当に心が弱った時、どうしようもなく辛い時、私を暖め励ましてくれた最高の癒し曲。大切な大切な曲。
ラフな衣装に可愛いダンスが最高!3人で作詞したと嬉しそうに話す聡マリと満足そうな風磨くんにほっこり。「雑踏の中今も葛藤」「雑草のように耐える逆境」「颯爽と振りまいた愛嬌」の3人を表したフレーズにとても頷ける。
これを聞いて頑張ろうって思えた。勝利くんの一生懸命さとか、健人くんの気持ちとか、風磨くんの落ち着く声とかがひしひしと伝わってきて、真剣に前を向こうって思えたから。
キンプリをバックに率いても見劣りしないどころか圧倒的なスター性を感じさせる1曲。甘いマスクの人に「甘いマスクに気を付けろ」と言われるのがなんか、良い。手遅れです。
キラキララな特別な僕がキミを特別な人にする、あくまでも特別な僕である前提で繰り広げるせくぞんボーイミーツガール曲。歌詞も衣装も振付も全部がいまこの瞬間のためだけにあつらえた楽曲。
絶対的センターとしての未来を担うべく生まれてきた運命を背負う佐藤勝利、という私の中の佐藤勝利像と完全一致で、初めてジャニワで聴いたときに震えた曲。勝利くんの苦しそうな表情で歌う表現力も最高に素晴らしい。
Sexy Zoneを語る全てはこの曲に在る。どんな時でも美しく在り続けた北極星。Mステ初出演時にこの曲を歌う彼らを見た時に感じた抗いようのないきらめき、彼らが新しい時代を作るのだという確信めいた感覚は、今もなおこの曲がパフォーマンスされる度に更新され続けている。
恋する男の子の気持ちがこれでもかというほどファンタジックに描かれた、Sexy Zoneにしか歌えないラブソング。彼らが表現する甘く浮世離れした世界観は、三浦徳子先生の詞なくしては生まれなかったものだと思います。
Sexy Zone始まりの一曲。Jr.時代から歌っていて、デビューにはファンとして思うところがたくさんあったけれど、彼らが「見つけたんだ 小さな光 未来へ」と言うならその光を掴むまで見届けたいと当時思いました。もちろん今もそう思っています。
この曲は何と言ってもMVが良い!まだ格差があった時代に3人が2人を救い出し、最後はみんな一緒に歌い、踊るというストーリーが素晴らしかった!また、「右と左向いてても見上げる空はひとつさ」という歌詞も良い!何度見ても涙が出てきてしまう一曲です。
健人くんの愛が溢れすぎている。健人担だけど彼女はねーわwwって草生やしてた自分が変貌を遂げた一曲。こんな曲をファンのためにって作られたら完敗するしかない。ケンティーの彼女でハニーだよぉ♡
こんなにシンプルに自担を愛でられる曲って、この世に存在するんですね。いつどんなときも、この曲を聴くだけで、好きと温かい気持ちが心に充電される。佐藤勝利というエバーグリーン。
私が坂本竜馬だったら「セク鬱の夜明けぜよ!」って叫んでる。(3人時代は置いておいて)この曲から『大人のSexy Zone』の魅力が出てきた気がします。個々に活動したことで強まった各々の個性が、ぎゅっと終結した1曲。
世間と運営の思惑はさておき、個人的に"Sexy Zone第2章"の幕開けを感じた一曲。爽やかな底抜け前向きソングが顔の綺麗な彼らにはとてもハマります。少年のきらめき、輝き、儚さを体現していると思います。
世界は薔薇色の囁きから始まった。天使のような純白の衣装を身に纏い、空中庭園で戯れる、顔面偏差値東大級の少年五人。完璧な人間は存在しないけれど、完璧なアイドルは存在する。圧巻の世界観に言葉を失くしたあの日を一生忘れない。
Yes!のマリちゃんのかわいさ、少クラのマトリョーシカ、ウェルセクオーラス、幸せの象徴の曲というか…ウェルセクオーラスで選ばれるに値する曲。あのオーラスの時間がずっと続けばいいのに、とさえ思わせる力があそこにはあった。最高ハッピー!
SexyBoysでもSexy松でもない、Sexyzoneの松島聡とマリウス葉としての初めての曲。純粋に嬉しかった。2人にぴったりなキュートでハートフルな曲で、聴くたびに幸せな気持ちになります♡
何度でも言いたいけど、「Hey youどうだっていいじゃん」の破壊力はほんとにすごい。全力シャカリキダンスは現場で最高に幸せな気持ちをくれるし、日常で歌を聞くと辛いことや悩みをふっ飛ばしてくれる。アイドルの役割をほんとにこなしてる曲でもあるのだ。
SexyZoneの歴史に残るナンバーの一つだと感じる。少年が見せる青年の一面を歌詞からも歌声からも感じる。勝利くんの甘く静かな歌声から、健人くん×風磨くんの力強い歌声で曲の世界観が発展していくのが魅力。
今年のサマパラで久しぶりに披露したこの曲。数年経って、男の子の成長って素晴らしいと感じさせてくれるような色気と優雅さと男らしさが詰まったステージがそこにあった。
コドモ警察のエンディングでこの曲が流れてワクワクした。マリちゃんセンターでのマトリョーシカダンスも可愛くて衣装も再現してまたぜひやって欲しい!
中学時代に生きてることが辛いことがあって、その時にこの曲を聴いて生きないと行けないんだ!って勇気をもらい、私は生きてます。勝利君の曲で私は、救われました。私みたいな人がいると思います!!
10代が醸し出す美しい色気とオーラ。カメラ目線さえ危うい少年たちが懸命に背伸びした歌詞を歌い、凛々しく踊る姿に胸を打たれた。未熟な結晶を永遠に封じ込めておきたくなる不朽の名曲。
歌詞の通り、本当に聡ちゃんとマリウスはどこまでもいける存在だなと思った。2人とも違うオーラを持っていて、それが合わさるとどこまで輝くのかファンには到底読めない。だからこそどこまでもいこうよという歌詞が合う。
これでもかというキラキラしたサンタ衣装でセクシーサマーと言い放つこのトリッキーさ、これぞSexy Zone!と思わせる1曲です。この曲にグッとくる私もまたsexy沼にはまりこんでいるのだと実感させられます。
ミステリアスな曲調にのせアイドルが歌う言葉は、“君の瞳が仕掛けたミステリー”。私知ってる、この出口の見えないミステリーを仕掛けた犯人を。甘い罠を持ったずるい人。答えはその宇宙みたいな瞳に聞いてみて。
帝劇、ウェルセクツアーで魅せたけんしょりパフォーマンス、最高でした。息の合ったパフォーマンスは見応えあり、さすがセクゾのセンターとエース。
どんなに時を経てもやはりこの曲が一番。彼らの「今」に合わせて低くなったキーと強い結束力を表す新しい振り付けも、デビュー当時の初々しく澄んだ歌声も、どちらもずしりと胸に響きます。かけがえのない宝物です。
鳴り響くスパニッシュサウンド!宿命のライバルが繰り広げる戦いの物語!シンメ厨を的確に殺しに来る恐怖の曲。
日本国宝級のシンメ中島健人&菊池風磨の極上ハモリが聞ける一曲。この2人の楽曲が収録されると聞いて全世界のセクゾファンが狂喜した。歌詞もハモりも素晴らしく文句なしと思いきや、コンサートで披露したところ期待を裏切られる結果となった。
中島健人渾身の初主演映画、「BAD BOYS J」 これまた渾身の主題歌です。何度歌っても熱い感情を乗せて届けてくれる大好きな楽曲です。
どんな辛い過去があっても、うつむいてたって過ぎた日は変わらないし、失われた時間は戻らない。でも今からだって遅くない。力を合わせて開けた扉の先には、彼らにしか描けないストーリーが待っているのだから、私たちはこれからも24時間365日応援し続ける。
疾走感溢れるメロディーと黒崎くんにちなんだドSかつトンチキな歌詞が堪らない。"コンビニないし超不便 獲物を探すしかない"なんて歌えるアイドル、セクシーゾーンくらいだと思う(褒めてる)
この曲で菊池風磨という人物に堕ちた。ラップあり・高音あり・かっこよさ抜群で風磨くんの良さが最大限に発揮されている曲だと思う。
ただただ勝利くんのかわいさが伝わってくる曲。衣装にごちゃごちゃと装飾品があるのもカワイイ。ちびジュとわちゃわちゃ歌っているところもカワイイ。
イントロからサビに入るとき一気に盛り上がりキラキラしてワクワクする、しかもそれが何段階にも積みあがる。明るくて煌めいて壮大で、何故だか少し涙が出そうになる。ベストアルバムのメンバーが選ぶ楽曲10選に選ばれているのを見たとき、本当にこの子たちは…と涙しました。
憂鬱な雨じゃなくて、こんなにも可愛くて楽しい気分になれる雨が存在するのかと…。愛されてる彼女気分を味わうもよし、ご機嫌ななめの彼女の気分を晴らす彼を見守るもよし……1曲で2度もおいしい!最高!!!
テンションのあがるイントロ、「みんなが願うそうさこのし・あ・わ・せを 」「これが僕たちのね 運命なんだよ」等々、キラッキラな歌詞、白地にトランプ柄というシンプルながらもSexy Zoneの持つきらめきを生かした衣装、全てが合わさってもたらす多幸感が大好きです。
3人曲で煙たがられがちな印象ですが、めっちゃキラキラした爽やかな曲で好きです!!シェパードを連れて海に行きたくなります!あわよくば佐藤勝利とシーサイド・ラブしたいです!!
「どれだけ強くならなきゃ 人は生きられないんだろう それを超える 優しさがこの僕にあれば」と風磨くんが歌うパートが、彼の物語性もあいまって素晴らしい。辛い時期を越えて強くなりすぎてしまった彼らにたくさんの優しさが愛が集まりますように。
切ないんだけど、優しさが心に沁みていくような感覚になる曲。自分の気持ちに葛藤しながらも「人は誰も孤独だなんて 誰かの言い訳」と気づく、歌詞の主人公の切なさが3人の歌声とマッチしていて心地良い一曲だと感じました。
キラキラトンチキスーパーカワイイSexyアイドルことSexyZoneさんの魅力と狂気を前面に押し出した最強の1曲。とっくにきみたちのことしか見えていないよ。
四季を小さな蕾、眩しい太陽、満月、銀色という言葉で表したり、「きらめく笑顔くれないか」「春夏秋冬すべて一緒の時を分かち合っていたい」など悩んでいる人にそっと寄り添うような言葉選びが美しい。軽やかなメロディーの中にある「流されないで」というメッセージの強さも良い。
アイドルだからこそ歌える応援ソング。だけど、2016年にこの曲を歌う彼らはこの曲を自分たちに向けて歌っていました。「変わりゆく時代の中でも変わらないでよ」「誇らしく大きな花咲かせてやれ」強かで美しいSexy Zoneだから歌える曲だと思います。
いつまでも、これからも君は僕の太陽。どんな不安も消してくれる。メンバーを思う、メンバーの絆を感じられるような曲。歌詞も曲調もこれからのSexy Zoneが未来へ向かって一歩一歩しっかりと歩んでいける…そんな希望を感じる温かな曲。
出会いをde-愛表記にする天才さ、初めて知った時は頭が上がりませんでした。カレカノlove&peace!と思い切りさけべる気持ちよさ、それに応えてくれる彼のくしゃくしゃ笑顔、すべてひっくるめて大好きな曲です!
彼らの綺麗な声が堪能できる一曲です。”今 ステージに煌めきを敷きつめて”と歌う彼らこそステージの煌めきなんです。声変わりした今、この曲はあんまり歌われていませんがぜひ!大人になった彼らにまた歌ってもらいたいです。